ja日本語enEnglish

【更新】「家族再会推進計画」(Action Plan for Faster Family Reunification)について

2013年10月29日

家族再会推進計画
(Action Plan for Faster Family Reunification) 第一段階

  1. 2012年・2013年には、過去20年最大の50,000人の父母・祖父母が永住権を取得した。
  2. 新・Super Visaの有効期間は最大10年。取得した父母・祖父母は2年単位でカナダに滞在できる。
    • 2011年より現在まで26,000件発行。審査通過率84%。
  3. 新規永住権申請の受け入れを一時停止。
  4. プログラム経済的持続性、今後の停滞防止対策などについてカナダ国民の意見を受け入れ、プログラムを改善。
    • 全国における円卓会議、世論調査、フォーカス・グループの利用、オンラインの意見募集に対する反応はCIC史上最大

結果 順調―2014年には未処理件数・待ち時間が半減する予定

父母・祖父母移民(PGP) 未処理申請

年       未処理件数     未処理件数(対策なし)     未処理件数(算出)     未処理件数(推定)
2000 29,603      
2001 35,532      
2002 41,415      
2003 73,582      
2004 105,594      
2005 107,994      
2006 108,261      
2007 103,402      
2008 110,689      
2009 110,741      
2010 150,964      
2011 167,466 167,466 167,466  
2012   187,604 125,600 125,600
2013   208,659   81,572
2014   228,714   58,199
2015   250,770   42,387

 

未処理件数の算出に関する仮定

  • 2014年のPGP通過件数を20,000件とする
  • 2014年にはPGP申請5,000件(9,000人)を受け入れる予定

2006年の通過件数を目標として、申請受付数を無限とした場合

年       未処理件数     未処理件数(対策なし)     未処理件数(算出)     未処理件数(推定)
2000 29,603      
2001 35,532      
2002 41,415      
2003 73,582      
2004 105,594      
2005 107,994      
2006 108,261      
2007 103,402      
2008 110,688      
2009 110,741      
2010 150,964      
2011 167,466 167,466 167,466  
2012   200,390 125,600 125,600
2013   224,442   81,572
2014   248,494   58,199
2015   272,546   42,387

 

未処理件数の算出に関する仮定

  • 2014年のPGP通過件数を20,000件とする
  • 2014年にはPGP申請5,000件(9,000人)を受け入れる予定

スポンサーとしての新たな必須条件を追加

最低必要所得額の引き上げ

  • 現在の最低必要所得額(Minimum Necessary Income/MNI)は、父母・祖父母の介護コストの上昇を十分に反映していないとみなされた。
  • 最低必要所得額を30%引き上げることにより、スポンサーの経済力が父母・祖父母を養うのに十分であるかがより正確に判断でき、納税者にかかる税金的負担が軽減する。
世帯人員数(申請者含む)     現在の最低必要所得額     最低必要所得額30%増
2人 $28,182 $36,636
3人 $34,646 $45,039
4人 $42,065 $54,684
5人 $47,710 $62,023
6人 $53,808 $69,950
7人 $59,907 $77,879
上記に追加の場合、1人につき $6,099 $7,928

 

より実質的な所得証明

  • 所得証明として受理されるのは、Canada Revenue Agency (CRA)に発行されたNotice of Assessmentまた同等の書類(Option C print out)のみとなった。
  • スポンサーは、CRAに発行された所得証明の書類を1年分ではなく、3年分提出することが必須条件
  • これらの変更により、スポンサーの経済力の安定性と、納税による国への貢献を確認できる

また、これらの変更により、所得証明の照合・確認の手間と時間が省略され、審査時間の短縮につながります。

 
スポンサーシップの保証期間を20年に延長

  • スポンサーシップの保証期間を10年から20年へ
  • 就職をする父母・祖父母の割合はごくわずかであり、就職する者は年収が平均わずか$15,696であるため
  • スポンサーシップの保証期間を延長することにより、生活費・医療費等がスポンサーに賄われ、納税者の負担とならないことを保証する

父母・祖父母移民(PGP) 未処理申請

年       未処理件数     未処理件数(対策なし)     未処理件数(算出)     未処理件数(推定)
2000 29,603      
2001 35,532      
2002 41,415      
2003 73,582      
2004 105,594      
2005 107,994      
2006 108,261      
2007 103,402      
2008 110,689      
2009 110,741      
2010 150,964      
2011 167,466 167,466 167,466  
2012   187,604 125,600 125,600
2013   208,659   81,572
2014   228,714   58,199
2015   250,770   42,387

 

2013年~2015年 未処理件数の算出に関する仮定

  • 2013年のPGP通過件数が25,000件であり、2014年・2015年はそれぞれおよそ20,000件であること
  • 2014年より、PGPの年間申請受付件数が5,000件(9,000人)となる

原文
http://www.cic.gc.ca/english/department/media/backgrounders/2013/2013-10-29a.asp